バスマナーの悪い生徒

学校に入るバスのクレーム

学校へのバスマナーのクレーム

バスには通学で多くの学生が毎日乗車します。概ねマナー的な問題なく乗車していますが、一部の学生が車内で大声を出したりして騒いでいる光景を見ることがあります。そういった場合、不快な思いをしたならばその学生のかばんなどで学校名を確認しておき、バスマナーのクレームを学校に連絡することは悪くありません。クレームを受けた場合、先生は生徒に厳しく指導を行い、二度とそういった行為をしないように促さなければならないのです。車内でそういった迷惑行為をした事実は先生は知らない訳ですから、一報を市民が入れることは大事なことなのです。

学校に多く入るクレームについて

クレームが発生したとして、学校の職員に向けてのものは数少ない傾向にあります。怒りの矛先は、子どもたちに向けられるのが常だからです。教室で顔を合わせるメンバーで遠出するシチュエーションだと、学校の活動でバスに乗る意識が希薄になります。しばしばクレームにつながるのは、集合時間を過ぎても生徒全員が集まらず運行スケジュールの調整が必要になる場合です。引率する立場にある先生たちが注意しても、浮かれた状態でバスに約束通り集まらない生徒は少なからずいます。毎年のように発生するなら、運行後に先生たちが真剣に謝罪しなければ継続依頼を断られかねないです。

↑PAGE TOP