バスの運転の不満

バス運転手へのクレーム

バスのクレームを言う相手とは

急発進など良くないマナーが目立つ運転を繰り返す運転手には、クレームを伝えても差し支えありません。乗客の生命の安全が脅かされる行為を中断させるには、厳しく対応するしか他に方法はないからです。ところが、バスの運転手に直接クレームを伝えても改善しない場合が少なくありません。すぐに安全運転させたいなら、車両を管理する業者に連絡するべきです。乗客を不安にさせる人物と雇用もしくは請負の契約を交わした当事者も、バスに関する責任を負います。不誠実な対応を繰り返している事実が管理業者に伝われば、すぐさま厳しい指導が入るというわけです。

運転手へのクレームは正当な権利

昨今何かと話題になっているのがモンスタークレーマーの存在です。明らかに自分の責任であるにも関わらず、逆ギレでショップの店員に無理難題を強要する悪質な消費者が現れており、周囲の人々を困らせています。明らかに自分の過失を棚上げにしてお店に金銭や謝罪を強要する行為は、決して良い行いではありませんが、モンスタークレーマーと間違われるのが怖くて正当なクレームを、例えばバスの運転手に言えずに泣き寝入りする方々もいます。モンスタークレーマーとは反対に明らかにバスの運転手側に落ち度があるトラブルに遭遇した際はしっかりとクレームを付けましょう。それは悪質な行為ではなく、むしろ消費者として当然の権利の行使であり、スタッフを雇用する会社からも逆に歓迎される相談となりますので毅然とした態度で事態の説明をすべきです。

↑PAGE TOP